和風スパイス【陳皮】

スパイスと聞くと、エスニックなイメージを抱きがちですが、実は日本にも太古の時代からスパイスは存在しています。

卑弥呼の時代には、生姜、茗荷、山椒が薬味として使われていたことが文献に残されています。

スパイスの役割は、風味を添えて食卓や食感を豊かにする他に、食べ物を傷みにくくしたり、消化を助けたりする効果があり、歴史的にも交易の中で珍重されて伝播しているのです。



さて、5月の料理教室で学んだ陳皮について。

ミカン科の果実の成熟したものを乾燥したものです。

中国では風邪の諸症状に効くと言われ、吐き気止め、咳止め、健胃、整腸、去痰など多くの漢方に配合されています。



小さじ1くらいを煎じてお茶にして飲みます。


入浴剤にすると肌が美しくなり、身体が温まります。ゆず湯などもそうした効果があります。



無農薬のミカンを手に入れたら、皮(大きい種類のものは白い綿の部分が入らないようにして)を細く切って天日で2、3日カラカラになるまで干せば簡単に作れます。


{6E01D550-BC60-4ABB-9DBD-13EB42ECDF7E}

{F224B4BC-F0CF-417A-8E13-0F4F1F105EA1}

{97324853-AAAA-4CB1-9390-B178DD54C24C}

今頃のお天気のよい日なら1日でも、こんなふうにカラカラになります。


 

煮物や汁椀の彩りに、オレンジピールのようにケーキやクッキーに入れても美味しいものです。


{4524C35E-859F-4065-B071-CEDB1926C683}

レーズンと自家製陳皮だけのビーガンクッキー。

おやつですが、砂糖もないので食事感覚でいただけます。

{55153F87-81BC-4C7D-98AB-590F83726644}

六味ごはんの中にも、陳皮が。

爽やかで美味しいのですよ♫
みかん、はっさく、ゆず、かぼすなど、いろんな柑橘類で試してみると、それもまた風味の違いを楽しめます。

 

陳皮は、アーユルヴェーダ的に「苦味」「渋み」「乾燥」の質を持ち、ヴァータ(風)を上げ、ピッタ(火)カパ(土・水)の質を下げます。


成果を求められるお仕事でイライラしがちな方や、落ち込みやすい方には、陳皮の質が、気分と体調を整えてくれまよ。




こんなふうに、いのち目覚める暮らしのアーユルヴェーダ料理教室では、それぞれの体質や、いまの状態に合わせて、食事を楽しみながら穏やかに整えていくことを学びます。


ご自身やご家族の心や身体を、食事の簡単な工夫で健康な状態にしていきます。


料理の技術を学んだり、インド料理を学ぶ内容ではありません。


アーユルヴェーダの知識は、実は全てインドや中国から宗教や文化を通じて、日本に伝来していることが多くあります。


日本で当たり前になっていて気づかないような、健康や幸福の智恵を一緒に学ぶ教室です。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

いのち目覚める暮らし
アーユルヴェーダ料理教室

 


2018年5月22日(火)

10時30分〜13時30分

『アーユルヴェーダで中華』



6月のクラス予定

『ハーブ料理いろいろ』

『春のフルーツ献立』



表千家茶道教室

5月7日、14日、22日(月)
19日、26日(土)