誰もが持っている内なる静寂

「イヤーコーニングって、耳垢とりですか?」と尋ねられることがよくあります。
いえ、違います。耳垢は取れません。
{A831D49F-B2A9-412D-89BB-28CE92EF80EF}
 
イヤーコーニングとは、長い筒状に巻いたコーンを、お臍と耳の入り口に差し込んだ状態で火をともします。
コーンからは煙がスパイラル状にお臍や耳管へと入っていき、老廃物を吸い取ってコーンの外へと戻ってきます。
 
コーンは、オーガニックコットンとオーガニックリネンと蜜蝋を使用し、1本1本丁寧に手作りしています。
 
精神と五感をクリアにする民間療法として、古くから世界中の多くの文明で取り入れられてきました。
火は古代より浄化と静寂をもたらすものでした。
シャーマンの間では大切な儀式の時に使われていたとも伝えられています。
 
多くの経路やツボがある耳には、コーンからの温かさや燃える音が伝わり、耳への刺激によって、その反射区でもある身体の臓器へも優しく刺激されます。
母体と繋がっていた命綱だったお臍は、体の内側につながっています。お臍から体の内側を診るアーユルヴェーダの診療もあるという部位です。
 
 
イヤーコーニングは、アーユルヴェーダで大切にしている内なる静寂の旅と言えます。
内なる静寂とはなんでしょう。
世界から音がなくなることはありませんが、私たち自身の中に音がなくなり静寂になる時間があります。
外の音が意識から消えて、ぼんやりと目覚めている状態で、瞑想や座禅からも同じような状態が得られます。
この静寂の体験は、どんな人にも普遍的に生命レベルを向上させます。
 
イヤーコーニングは特に効果を感じない方もいらっしゃいますが、実は、そういう人にこそ、向いています。
内なる静寂は誰の中にもちゃんと存在しています。
その存在に気づくことは日常では得られない体験で、とても大切なことです。
私たちはいつの間にか、情報と思考で判断することが増えて、自分自身の中にすでにある感覚を感じることに鈍感になっていて、痛い、痒い、硬い、赤い、ブツブツなどという視点でない、身体の感じ方を見失いがちです。
オージャスと静寂とストレスの浄化。
ストレスが浄化され、心が穏やかになると、五感が研ぎ澄まされて、世界が本当に綺麗に見えるようになります。
心身の緊張がとれて満足した状態で、美しい世界が見えることで、さらに幸福感が増していきます。
 
施術中は、ただ横になっていただくだけ。終始リラックスの状態でお受けいただきます。所要時間は1時間程度。ご説明など含めて2時間弱をいただいています。
 
 
(効果)
・アーユルヴェーダのオイルトリートメントと同様の、覚醒と睡眠のはざまの感覚を味わえます。
・お臍の施術により、腸が活性化し、ピッタが上がり、代謝やエネルギーが増して体が温まります。
・耳(右→左→右→左と計4本)の施術が進むにしたがって、代謝やエネルギーが静まっていきます。生命体としての純粋さ、オージャスは増して、内側が静寂となります。
・神経系のストレスがなくなります。
・深い休息体験ができます。
・施術中に身体が時々ぴくっと動きますが、身体の中の歪みが表面化している現れです。
・アーユルヴェーダ的に、ヴァータの乱れている人、緊張している人、寝つきの悪い人、ピッタが乱れて感情的にイライラしている人に向いています。
・4週間空けて、継続して3回受けることをお勧めしています。
・神経系のストレスが静まり、幸福感が増すことで、お酒や辛いものなどを求めなくなります。
 
 
(注意)
・効果を保証するものではなく、医療行為ではありません。
・耳垢とりの施術ではありません。
・前後1時間半のお食事は避けてください。
・アーマ(毒素)をためている方は後でだるさを感じることがありますので、施術後はゆっくり過ごせるようなスケジュールでご予約ください。
・妊娠中の方とその可能性のある方、精神科のお薬を服用の方は受けられません。
・生理3日間は避けてください。
・施術は日没までの時間とさせていただきます。
是非、日常の中に、内なる静寂を味わう時間を時折、取り入れてください。