谷本洋先生の作品展と茶道の精神

10月初めには、谷本洋先生と鴻来有希さんの展覧会にお花をお届けしました。



{31268280-B695-4BB4-9E5A-E34421006703}
時間がゆっくり取れず、谷本先生にはお目にかかれませんでしたが、素敵なコラボ作品やお二人の作品を拝見いたしました。

{BEE56235-0005-44C0-8CCB-A09E314A7CDA}

{74524466-4492-4B35-BE2D-D2AA73B2AA78}

{2A5060C9-6C7A-42C7-BE5A-149AF7305D1D}

私はご縁あって今年2月、谷本洋先生の日本橋三越 伊賀焼作陶展で添え釜のお手伝いをさせていただきました。

 

谷本さんのお話はいつも魅力的です。作品にお人柄が現れるのだと実感します。



2月の作陶展のギャラリートークでは、伊賀焼の破れ袋についてのお話がありました。



破れ袋は、作られたときは薄く耳つきの花器を作られたと考えられている。

それが、窯の中でひしゃげてしまい、破れてしまったので、使われずに捨てられていた。

それを、織部が拾った。

天下取りの争いの火花が絶えない時には、傷のあるものを使いたがらない。

けれど、世の中がすこしずつ平和になってくると、みな、古傷をもった男たちは、その傷をいとおしく思うようになり、破れ袋の水指が使われるようになった。


というお話でした。


 

谷本さんは、お父様も伊賀焼の陶芸家でいらして、会場には、お父様の書がかけられていました。

 


お父様は生前、技術的な指導はほとんどされなかったそうです。


おっしゃったのは


「自分を磨け。本を読みなさい。人に会いなさい。絵心を身につけなさい。遊びなさい。」


「作品は人なり」


ということだったそうです。



陶芸の技術は、見て盗む。

それでも技術そのものは10年もやっていればだいたいできるようになる。

人生にはいろいろあってそれが作品に現れる。

作品は技術を表すものではなく、人となりが現れるもの。

品格を身に着ける。

品格というのは、何をしたら身に付くというようなものではない。

 


谷本先生の作陶展も、今回のプリミティブで現代的な作品にもは、「五感」でその谷本さんの伊賀焼とお人柄を感じられます。


 

精神性とは、温度や匂いや手触りや音や色の移ろいなど、直接五感で伝わっていくものです。


守破離。


守り、破り、離れたら、また基本に戻り、守り、破り、離れる。


守破離は巡り続けて、精神性を濃密に広げてゆけるのだろうと思います。


谷本さんは、ご自身の作品に、「ラブアンドピース」の祈りを込めて世界に発信されたりもしていらっしゃいます。

 

利休の弟子7人(蒲生氏郷、細川忠興、古田織部、芝山宗綱、瀬田正忠、高山右近、牧村利貞)のうちの多くがキリシタンだったと言われ、当時作られた道具の内側に十字が描かれているものもあります。


織部の好んだ幾何学模様にも、十字架を隠していたかもしれません。


茶道の点前にも、キリスト教ミサの祭壇での所作に似た部分があります。


特定の神を信仰する宗教ではない形で、この世界を創造する大いなるものに愛と平和の祈りの時間と空間を、日常の中に作ったのではないかと思うのです。

千利休の曾祖父は、足利義政や義尚に武士として、また文化担当にあたる仕事を千阿弥と称して、仕えていた。


堺で商業に従事する父のもとで、若き利休こと与四郎は、何とかいま一度武門の人にと思い、教養を高めるため歌の道に入りました。


そして、歌道により情の文化を知りそれを身につけ、また武門出身で茶人である武野紹鴎のもとで茶の湯を学び、その中で多くの人と交わり、特に先輩の今井宗久などの影響を受け新しき思想のキリスト教も学んだと言われます。


それにより、禅とキリスト教、東西の宗教観の一体感を見出した利休により、茶の湯が茶の道となっていったのです。


世のキリシタン大名といわれる高山右近、織田有楽斎等々の人々が利休の直系弟子になっていることをみても、キリシタンの影響が茶の道に及んだのがわかります。


茶室の躙り口は、マタイ伝にある狭き門の教えと同じ意味を持ち
ます。


区別差別なく武門といえども帯刀を許さず、丸腰で茶室に出入りするための門です。

 

宗教の形でなく、ただ茶を楽しむだけの空間であればそれは、時の政治が変わっても、宗教や国や人種が異なっていても、共に過ごすことができます。

 

そんな思いも込めて、谷本先生もまた、世界に伊賀焼とラブ&ピースを伝え続けていらっしゃいます。

 

 

{AFEF7C02-EF51-41D1-8DAE-FA965E8EF022}

{902B28AA-C79E-45AC-A174-989B2C9C92F0}

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


大人のための
いのち目覚める暮らし

 

【表千家茶道教室】

月曜日 11時〜21時
土曜日 10時30分〜14時


【ビジネス茶道】
11月26日(月)1730〜2100
中尾英力先生による茶懐石講座
日本橋 コレド室町3
18,000円


 


【アーユルヴェーダ料理教室】


11月20日(火)10時30分〜14時00分

「オーブン料理アラカルト」


11月22日(木)10時30分〜14時00分

「秋のアーユルヴェーダ料理」




ジェモセラピーストア セラピストコード「gemmo 019」



【植物療法ジェモセラピー講座】


2018年10月15日(木)10時30分〜13時30分

ジェモセラピスト講座(全6回)

 

2018年11月27日(火)13時〜15時

【植物時間】

クリスマスのためのスワッグ作り

&

聖なる植物のジェモをご紹介

 

2018年11月29日(木)10時30分〜13時30分

プチジェモンヌ1day インナービューティ講座

(デトックスのためのジェモを学びます)

認定書を発行いたします。

 

2018年12月2日(日)

下北沢校卒業セラピスト ウエダミユキによる

栃木県宇都宮にて北関東最大の癒し総合イベント『GRACE癒しフェスタ』出展

 

2018年12月8日(土)

『賢く生きる女性のための

自然療法フェスティバル』出展

第一部    10時〜13時15分 3,800

第二部    14時〜17時 無料

TKPガーデンシティ渋谷4階ホールA

http://www.imsi.co.jp

 

 

お問い合わせ・お申し込みはこちらへ