料理教室を開催するための料理教室~奄美大島のミキ伝道師のみなさんをお招きして~

奄美大島ミキ伝道師の皆さまをお招きして

8月6日(火) に、田町まさよさんと、ミキ伝道師のみなさんをお招きして、料理教室を開催するための料理教室をいたしました。

→「こころとからだ 奄美 再生のレシピ」田町まさよ

田町まさよさんは、奄美大島に伝わる伝統発酵飲料ミキ(神酒の原点)を広める活動をされていて、その生徒さん達がミキ伝道師のみなさんです。

 

ミキって?

日本の南に位置する自然豊かな亜熱帯の島々、奄美・沖縄諸島は、月の暦で暮らし、自然や先祖を神とし、神と語り祈りの力で病気を治すシャーマン、“ノロ・ユタ”が今でも存在し、見えない世界を大切にする先住民的思想が残るスピリチュアルな場所。

この島々に古くから伝わり、お米とサツマイモを発酵させて作る飲み物が、ミキ。

もともとは、奄美・沖縄の女性シャーマン“ノロ”が、神事祭事の際に、祈りを込めて作っていたもので、神社などで神々に捧げる飲み物、“オミキ”の原点。ヨーグルトのような味で、乳酸菌たっぷり、腸内環境を良くし、便秘の改善、授乳期のおっぱいの出がよくなる、アレルギー体質の改善、離乳食、病人の回復食にもなり、奄美・沖縄では広く愛飲されている。

“自然を敬い、調和して生きる”日本古来の霊性が宿る“ミキ”が、志を同じくする世界中の人々のスピリットを繋ぐ飲み物。

まさよさんのお知り合いの農家さんから、たくさんの無農薬野菜が届きました。

この野菜を使って、私がご紹介するレシピと、まさよさんの即興レシピとで調理をしながら、キッチンとリビングスペースの見学もしていただきました。

レシピいろいろ

蒸しキャベツのミキゆかり和え

黄人参のミキ和え

茄子のソテーにオクラとんぶりソース添え

きゅうりとおろしきゅうりとミキのライタ

料理教室の開催のお話

私は、かねてより料理教室を開くのが夢で、その夢が実現していまがあるのではありません。

2008年に、いろいろな理由が重なって、子育てをしながらできる形で、いまの私にできることで教室を開いてみようと思い、自宅で料理教室と茶道教室を始めました。

ですから、自宅のキッチンやリビングは、教室用に設計されているわけではありません。

  • 料理教室を開催するための家の整え方
  • 料理教室を開催するための家族との話し合い
  • 連続講座の作り方
  • 料金設定の仕方
  • キッチンの使い方
  • 食器や調理器具について
  • 会社を立ち上げた理由とメリットデメリット
  • 保険について
  • 食品衛生管理士など、資格について
  • 保育サービスや子連れ参加について
  • 募集、集客、金額などについて

などをお話ししました。

私も、これまで試行錯誤してきていました。

料理教室については、毎回「やめようかな」と思いながら、生徒さんからのお申込みがあって細々と続いています。

今回、まさよさんにお声をかけていただいて、私のそんな経験が誰かの役に立つのならと思って、喜んでお引き受けしました。

私も、これからは私のところで学んだみなさんが、それぞれに教える仕事や場所が作れるようにサポートしていきたいと思っています。

ミキの作り方についても、講習会をいたします。お気軽にお問合せください。

教室スケジュール

【表千家茶道教室】

月曜日(昼・夜)・火曜日(夜)・土曜日(昼)

【ビジネス茶道】

2019年10月17日(木) 18時30分~20時30分
日本橋コレド室町 橋楽亭にて

【純粋意識を生きる・アーユルヴェーダ時間】アーユルヴェーダ料理と試食・講義 全24回コース

2019年8月22日(木) 10時30分~16時00分

2019年9月20日(金)10時30分〜16時00分

【植物を味わう・植物時間】】
フラワーレッスン・季節の茶菓と抹茶・朗読
2019年9月24日(火) 14時00分~16時00分