言葉の力を味わう・植物時間

「今、その道は、曲がり角に来たのよ。曲がったむこうに、何があるか分からないけど、きっとすばらしい世界があるって信じているわ。それにマリラ、曲がり角というのも、心が惹かれるわ。曲がった先に、道はどう続いていくのかしらって思うもの。緑に輝くきれいな森をぬけて、柔らかな木漏れ日がちらちらしているかもしれない。初めて見る新しい風景が広がっているかもしれない、見たこともないような美しいものに出逢うかもしれない、そして道は曲がりながらどこまでも続き、丘や谷が続いているかもしれない」

 

{39A35E38-838E-4160-8023-9162C966CDC0}

屋久島の小径

アンの言葉です。
声に出して読んでみてください。
何か身体に感じませんか?
喉に何かつまる感じ?
うまく気持ちが乗らない感じ?
それとも、背中に羽が生えていたことを思い出す感じですか?
私は10代から20代まで、赤毛のアンを愛読していました。
プリンスエドワード島へも行きました。
アンの物語の何が好きだったかと言えば、自由で突拍子もないアンを、小言を言いながらも戸惑いながらも見守るマシューやマリラの眼差しに憧れていました。
私の子ども時代にもいてほしかった、そんな大人。
私もなりたかった理想の大人たちでした。
アンが成長し、包容力のあるお母さんになっていく姿も好きでした。
ところが、私もいつの間にか、子どもを閉じ込めて安心したい大人になっていたりします。
そんな素直な自分の気持ちを、朗読を聞きながら味わう時間です。
一緒に読んでみたい本をお持ちくださっても結構です。
植物に触れて、朗読を聞きながら全身の五感味わうことで感じたことを、1冊のノートにご自分の言葉で書き留めてみていただけたらと思います。
お問い合わせはこちらへ